忍者ブログ
小説・漫画・ゲームなどの日常の記録、 趣味のイラストと旅行記などです。
[101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ファンム・アレース〈1〉戦いの女神』 (YA!ENTERTAINMENT)
香月日輪(著)
講談社


妖怪アパートシリーズが〇女子が喜びそうな話なら、
今度のは究極のロリ〇ンのような香りが…
ストーリー的には楽しいです!!
「夏が来たら10歳になる」
というセリフに対し
「10歳か…」
とつぶやいて、その後ひたすら10歳といい続けておりますが、
夏が来てない時点で一桁ですと心のなかでひたすらツッコミ
続けて読んでいました。
ちなみにこの話の主人公?三桁の年齢らしいです。
 

『ぼくが探偵だった夏』 (ミステリーランド)
内田康夫(著)
講談社


かの有名なルポライター浅見光彦の子供時代の話でした。
浅見さんシリーズは読んだことがないのですが、
いつもテレビで拝見させていただいております。
テレビでも亡くなった妹さんがいるとのことは聞いてましたが、
妹さんは二人だったのですね。
家族のことがいろいろわかって面白かったです。
 

『ABCDEFG殺人事件 』(ミステリーYA!) 
鯨統一郎(著)
理論社


絶対お前が犯人だ!!
と主人公にひたすら違和感を感じておりました。
もちろん、そんなことはないのですが…
主人公の周りでひたすら人が死にすぎ。
両親、恋人、上司…しかも身近の人間ばかり、
そして、遺産、保険金がいつも主人公のところに入ってきて…
その金額もすごいこと。
しかも、2話目でお亡くなりになった恋人が何話目か後になぜか婚約者と表記されているし…
なぜだ?

 

拍手

PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
katsumi
小説
katsumiの最近読んだ本
漫画
sekkaの最近読んだ本
カウンター

Copyright (c)道草とひみつの基地 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]